変化するにちにち

石蕗の花と「田の神様(かんさん)」

image

ツワブキ、ここでは単にツワと呼ぶ。春の、海の祭には必ずツワを食べた。この季節少し枯れかけてはいるが生命力が強いのか石垣の土手、畑のわき道など至るところに黄色が目立つ。12月の黄色はいいもの、南国を実感する。

田の神様
家から歩いて5分もしない所に「田の神様」(たのかんさん)がいらっしゃる。ここでは「おらっ」(居られる)と言う。田圃の畔道に、今は田を作る人はいないのか草茫々であるが、田の神様のところは草が刈られていて、今日(昨日)などの快晴の日はのどかである。