変化するにちにち

六月尽日

尽日、短歌ではよく使われるこの言葉が色々あった6月にふさわしい気がする。 すでに梅雨明けの暑さもあるが、8月下旬のような音を伴う風がある。葉裏を見せて戦ぐ樹を見上げていると、自分の内側へ降りて行くような感覚になる。 思う… もっと読む 六月尽日

変化するにちにち, 母とともに(鹿児島)

タイミングよく助けてもらう

やはり今日一日、2人だけで母といる自信なし。川内に切符を買いに行くと言って出てくる。電車の時間にぎりぎり、旧道の急な下り坂を猛スピードで。 あ、近道!この橋を渡ろう! あー!曲がりきれない。ハイ!橋桁にぶつかりました! … もっと読む タイミングよく助けてもらう