変化するにちにち, 母とともに(鹿児島)

《ピーヒョロOー〜!》に「ペコロスの母…」を思い出す

ピーヒョロロー!と聞こえる、鳶だ!
「ペコロスの母に…」「続・ペコロスの…」を読んでいて、鳶の鳴き声はわが故郷では聞いたことがないと思っていた。今朝初めて気づいた。ひっきりなしに鳴いている。今まで何十年も気づかなかったのか、忘れたのか。外は雨、空を見上げても鳶は見えないが鳴き声だけは部屋にいてもよく聞こえる。実家にいるので「ペコロスの母に…」は読めないが鳶のとんだプレゼント。秋祭りの笛の音に聞こえたりする。