変化するにちにち

本棚を押さえる

縦揺れ。ガラスの音がしたので本棚をまず押さえた。中にグラス類、壽官陶苑の器もある、割れた悲しい

上に食器を、それ以外は本を詰め込んでいる大切な古い古い上半分ガラス戸の本棚。頑丈だ。

本棚は、自然食品店を畳んで引っ越すという友から、「丈夫だよー!」とお墨付きで貰ったもの、その時にすでに古かったから半世紀以上生きている。どっしりしていて使い勝手もよく手放せない。

・・・・・
・・・・・

この辺は余裕をもって木を眺められる。

さらに歩くと長いなが〜い坂道が待っている。夕方と思ったが、撮ったのは14:54になっている。