変化するにちにち, 歌う

「吉田志門 × 碇大知」

駒込駅近くでの2回の「特別公演」。声の質と表現に魅了されて去年、YouTubeのチャンネル登録をして以来、ずっと聞いてはいたが、楽器である身体の、表現の枠を飛び越えて声と心が融合する。こういう表現の仕方があるのかぁ…と感嘆。ピアノがまた純粋。静か。清流を聞いているよう。

サロンコンサートはホールと違い、歌う方はもちろんだろうけど、その距離の近さゆえに、聞く方もけっこう緊張する。しかし、サロンコンサートに如かず!と思わせる別世界の2時間だった。

今年の冬?来年?が待ち遠しい。。。

・・・・・
・・・・・

ご自身の歌詞の訳もついていた。

始まる前から互いの信頼が心地好い

近くで見つけた

・・・・・
・・・・・

お酒を提供する居酒屋があった。乾杯して、歌のことを語りあえば二重の豊饒になる。。。