変化するにちにち, 歌う(合唱/レッスン)

プレゼント

鼻歌らしきものを歌い歩いていて、、、あ!と気づく瞬間。

この間のグループレッスンでのこと。ほかの人の歌に、身体にアドバイスされる先生の、言葉、ではなくジェスチャーが突然やって来た。

それ以来(まだ2日しか経ってないけど)、そのジェスチャーが歌うとき常に来るのではなく、来て寄り添っているような感じ。

言葉よりジェスチャーのイメージのほうが素早い反応を得られる気がする。

グループレッスンで、身体表現だけの世界に浸る身体の変化というものは、意識できないことも含めて想像以上に大きいのかもしれない。

・・・・・

新宿文化センターでの合唱練習の会場申込に行く。水曜日に「ベルシャザルの饗宴」を歌う仲間がいる。

「音取り段階で、〈楽しい〉より〈苦しい〉が多いね」という彼女に、もっとも!と深く頷いて、同じ思いだと安心してしまった。ムズカシクルシワズカニタノシ?ミナガンバッテイルノダ!

少しでも慣れるために、家で気がつくと練習している。

マツバギク・松葉菊

サルスベリ・百日紅