歌う(合唱/レッスン)

レッスン(16)

毎回不思議に思う。

レッスンの時は、うーん、むずかしいー!とできないことでも、「家で練習して来ます」とかならず声にして帰って来る。

家でゆっくりやると出来そうな気がするのだ。そして、確認しながら練習するうちに、あ!と、「気づき」のお土産が来て、出来そう!と一歩近づいた感が得られる。

身体感覚をそのまま味わっていればいいのかもしれない。が、変化を残したくてメモする。

言葉にしたところで薄らいでしまうのには違いないけど、のちのち振り返るときに変化がより鮮明だろうから。。。そんなことの繰り返し。。。

メモする時点で言葉にズレが生じるけど、〈おもしろい身体〉を感じることが日々のエネルギーになっている気がする。

赤ずきんちゃんになって山をぴょんぴょんしてまわるのも気持ちよいが、レッスンがある日の〈森の径〉の行き帰りも、籠を持ってぴょんぴょん跳ねる赤ずきんちゃんの心持ち。