母とともに(鹿児島)

川内へ特急券を買うついでに

無人駅薩摩大川のホーム。猫ちゃんが向かい側にいる。右の丘の上にあるのは霧島神社の鳥居。

薩摩大川駅を過ぎた直後の海も写さなくては。いつもいつも西方、薩摩高城ばかりだから。

ここはどこ?同級生の誰かがたぶん知っている?

ここもまだ尻無あたり?

川内駅横の駅市のデッキに出て珈琲でひとやすみ。左遷されて一年足らず?の薩摩守だった大伴家持の像。

駅前。明日の切符も買った。名古屋で空きがうまく出てくれて、うろうろせずに名古屋まで直行することにした。

山形屋で母のデイのためのバッグを買う。もし母がこれを気に入らず、私のキャリーにセットする黒いバッグがいいと言った時のために(たぶん言う)、自分好みのよりコンパクトなものを買う。

踏切の手前に立って撮る、〈おれんじ食堂〉と言う列車らしい。

同じところに立っているけど、反対側、下る方に振り向いて写す

母と庭の石に腰掛けている時に写す。母は触って「こや死んどらい」(死んでいるよ)。ん? 頭が取れている?

今のこのときを懐かしむときが来るのだろうなあ、近い将来。明日は帰ると思うとココロショウショウオモクモアルカナ。