母とともに(鹿児島)

もうひとつ(ひとり)の田の神様

よい天気、田んぼが秋そのもの、草の匂い、爽やかでのどかで・・・川原に遊びに行く。

コノオカタサマハ自然石の田の神様、個人所有。昔一度盗まれたという。田の神様が泣いたためにまたそっと戻したらしい。

〈むかしむかしあるところに〉のお話ではなく、何十年か前。母からも聞いたけど、従姉妹からも聞いた。さてさて・・・。

右端が田の神様のうしろ姿。母は、踏切方面でもここでも「田のかめどん」と何回も言った。深く考えないことにする。

左はイノシシを取る罠。中には芋(さつまいも)が入っている。

・・・ミレドアカヌカモ・・・賦。