母とともに(鹿児島)

田のかんさあ(神様)まで

いい天気。田んぼの草を刈ってもらって川が、ほんのちょっと見え、はしないけど、あると分かる。部屋から写す。

田のかんさあ(神様)を見に行こうと母を散歩に誘う。Mおばんの元の家の前に車が停まっている。しめむん(煮しめ)を持って来てくださったのだ・・・。

草が刈られてどこもかしこもすっきり、橋の下の石もよく見えるようになった。

新しい橋から古い橋が見える。もっと見えるように撮るんだった。

草ぼうぼうで、ここ何年か〈田のかんさあ〉は見られず寂しい思いがあった。刈ってくださった方のココロウレシ!どこが目なのかはわからない。持っているのはしゃもじ?

染井吉野、山桜のところも歩けるようになっている。行くのは初めてかも。