母とともに(鹿児島)

散歩🎶墓までは行けず

Kaさんちの近くで昨日拾ったもの。

9時半、あまり暑くならないうちに散歩に誘う。

墓までは〈行っきらん〉(行けない)と言うので、本屋敷の辺りまでちょっと・・・と言うと、〈あんで、ひよいも良がし行だでむーが〉(ほんとに、日和も良いし行ってみようか)と前向きになる。

ボンタン

これもんーべ(ムベ・郁子)?

ここでもまた草毟りをはじめる、そういえば「ペコロスの母」のミツエさんも同じことをやっていたような。

この先を曲がれば墓の入り口だけど、急な石段がある。ここから先にはが頑として行かず。

あなたの名は?

川上の方、墓の下から更に何キロもつづく

椎の実、これ以上は近づけない。実はまだ落ちていない。

となりの屋敷跡の枇杷の花