変化するにちにち, 歌う(合唱/レッスン)

レッスンの日(10)身体を変える言葉

降りてくるのか、湧くのか、短歌にかぎらず書きながら予想もしなかった言葉が生まれる瞬間がある。その言葉に気持ちよく身体がふくらみ、思考も身体も変化する。それを確信した途端、一週間ずっ〜〜と悶々、霧がかかっていたものがクリアになる。

それは先生の、レッスンでのちょっとした言葉から来たりするのかもしれない。画家のような哲学者のような声楽家である先生の言葉は、対処療法的なものではない。一言が静かにゆっくり膨らむような〈核〉を持つ。

身体の使い方と同時に、ときどき歌から少し脇にそれた言葉を、気持ちいーい!と味わいながらほとんど毎回帰ってくる。それが何かと触れた瞬時、言葉になっている気がする。今年最後のレッスンも然り、その余韻のなかに浮いている。

澄んだ光のなかの〈時〉に身を置くような感触。豊饒〈時光〉の1年。

長く更新もしない(コトバモココロモ没ジョウタイデシタ)ブログでも毎日ご覧下さる方々に感謝いたします。

😊❣️ありがとうございます❣️😊