変化するにちにち

マーマレード、心こもる手づくりの効果

「毎年作るの。自慢じゃないけどおいしいの!」と手作りをいただいた。昨日の歌のレッスンでのこと。

帰り着くやいなやジャムティーに(いつもは砂糖は入れないのに)。おいしい!こりゃたまらんと二杯、夕食後にもう一杯。李白の「一杯一杯復一杯」の紅茶バージョン?

本物はひとくち含んだだけで身体が何かを発する。いつも水ものだけで朝は済ますのに、今朝は厚切りのトーストにバターを、さらにマーマレードをたっっっぷりのせてゆっくり味わう。結果、三分の一に減ってしまった。

今日は新幹線に乗る日。焦って出かけるかもしれない朝をゆっくり過ごせた。子どものおにぎりも作ったし、マーマレードの気持ちよい味と…いつになく贅沢、豊かなひととき。

ゆっくりと家を出て東京駅へ。いつもより1時間遅い出発だけどなんだか不思議な幸福感。新幹線の中、満腹すぎてやや苦しい。しかし「苦しい」より「幸福感」が勝る。