変化するにちにち

李白「静夜思」

李白の詩が突然に来た。
昨夜、肌寒く目覚めると部屋に月の光が差し込んでいる。西の空に月。条件反射のように李白の詩がある。ああこのように静かで寂しいのかと、李白の心境を体感。

これも「中文小学」で小学生と一緒に暗誦させられたものだ。有名すぎて好きではなかった。下の詩の()内は日本に定着している詩(第一句と第三句が違います)です。『漢詩一日一首』(一海知義著、平凡社)より

静夜思

李白

床前明月光    *(床前看月光)
床前(しょうぜん)月光を見る

疑是地上霜    *(疑是地上霜)
疑うらくは是れ地上の霜かと

举头望明月    *(挙頭望山月)
頭(こうべ)を挙げて山月を望み

低头思故乡    *(低頭思故郷)
頭を低(た)れて故郷を思う

日本と中国で、なぜ異なってしまったのだろう?中国語には「明月」が二つあるけど、いいの?と言ってしまいそう。

一海氏は「コンパクトな漢語を、過不足のない訳語に定着させるのは、実にむつかしい。詩の原意を、説明的でないことばで過不足なく伝えるのは、実に容易ではない。」と言って、詩の第二句の、三人の訳を挙げている。

「ふと地におりた霜かとおもった」(武部利男)、「うたがいぬ 霜かと」(土岐善麿)、「霜カトオモフイイ月アカリ」(井伏鱒二)
ついでに言えば、井伏鱒二訳も「サヨナラダケガジンセイダ」の域に達していない。

「挙頭(ju tou)」と「低頭(di tou)」の対照、ここがいちばん好きなところだ。波が高まるような息の運びから、一気にうなだれるように音が変化して「故郷」で静まる。言葉が、四声の高低と相俟って波打つメロディーになる。

我流であるけど、これを日本語の「頭(こうべ)を挙げて」「頭を低れて」にすると、意味としては的確だとしても、ぷちぷち切れて騒がしくなる。

image

image

⬆️农村读物出版社『娃娃读古诗』(農村読物出版社『子どもが読む古詩』)

雰囲気がないなぁ。私が習った「中文小学」の本は「こんまり流」の片付けで、捨ててしまったらしい。身に覚えなくて探すのだが、出てこない……。