変化するにちにち

「グランビュー あくね」の露天風呂へ

image
駅からホテルまで歩く
元は国民宿舎から今のホテルになった、眺めだけは最高の丘の上のホテル。思いきって阿久根駅から歩くことにした。2.1キロとあるがこれくらいは日常、新宿でもお手のもの。ただ峠のような登り坂もあるが。
あれあれこんなに近かった?と思う間なく着く、途中で海の方に逸れてウロウロ写真など撮りながらののんびりゆったりの歩きだったが1時間もかかっていない。因みに帰りは駅まで30分足らず。今までどうして歩かなかったのか、遠いと思い込んでいたに違いない。入浴料¥390

露天風呂はぼんたん湯(写真左)
11時についてお風呂を覗くと無人!寒かったが露天風呂に直行。絶景❗️大島が目の前、海しか見えず、余計なもの一切なく絶景❗️来て良かったー!内風呂も露天風呂もボンタンを浮かべてある。柚子湯ならぬぼんたん湯!1時間近くいて内湯には2人いたが露天風呂はずっと私ひとり。
出て着替える時に話しているおばさんの言葉が実家の近く?当たり!80代前半と思ったが92歳、明けて3月には93歳という。足が少し悪いとのこと、今日はお嫁さんが休みで温泉に連れて来てもらったのだとおっしゃる。お嫁さんとの距離感がなかなか気持ち良い、言葉づかいが近距離で不自然さがない。それにしても元気だ、認知症のないのは羨ましい。

「味彩ママちゃん」へ(写真右)
2時間ほどいて帰りはもうお腹ペコペコ、市民病院横の「味彩ママちゃん」に行く約束をしていたので復路も元気に歩く。ここの食は1から手づくり、化学調味料は一切使わず(何回でも強調、宣伝したくなる)。着くとランチは売り切れだったが私のために残して置いてくれてあった。3月に母の入院する病院に付き添っていた時偶然知り合った人もいた。彼は診察帰りとのこと、皆何事もないように見えて大変な病気を抱えていたりする。2時過ぎだったので店の客は2人、ママちゃんも一緒にランチ!3人でおしゃべり。おいしい美味しい気持好い、賑やかは温かい!

豊饒❗️
27日に帰るのでこの店では今年最後のお昼ご飯。。。。。豊かな贅沢なひととき。豊穣かもしれないが私にとって(流行りで言えば、わたし的には)「豊饒」がしっくり来る。ふるさと阿久根での実り豊かなひと月。支えていただいてのひと月。感謝❗️