詠う(短歌)

短歌:好日2020年8月号より

《 マスクを外す 》//

この春を死無型転無憂医流水(シンガタコロナウイルス)と書きて「自粛」を私より消す//

「面会の禁止」つづけど夏帽子かぶれば母と語らう心地す//

さまざまの形のマスク生まれるは「まだ生きたい」という意思表示//

信号を待ちただじっと立つだけの時間は卑屈マスクを外す//

近寄るな離れてと声に出すことはなけれどマスクが目がものを言う//

日本全国騒いで自粛する日々をランチビールの旨さ覚えたり//

年年歳歳かなしみ薄れゆきながら悔しさは増す八月が来る//

・ ・ ・ ・ ・

蝉の最期は、木につかまる力も失せて地に落ちるのだと知る。

⬇️スライドショーができるのだと今日気づきました。矢印をタップして遊んで?ください。。。