母とともに(鹿児島)

出水市「麓」へ(1)

セーターが欲しいほどの寒さ。が、日差しは澄んで強い。

「きゅはデイの日が、むげめいしてくれらっでね」(今日はデイの日? 迎えに来てくださるからね)と突如、行く方向に自ら舵を切った母に驚き、そして嬉し。

行けるときに行こう!

昨夜テレビで知ったことを、頭を掻きむしることはせずに纏めると、「麓」は「府本」で、鹿児島城下の城下士に対し、外城(とじょう)「麓」に居住するのが郷士、のようだ。

出水まで、その「麓」(近世薩摩(さつま)藩における半士半農の在郷武士団の居住地)を見に行く。鹿児島に麓の地名が多いのに納得、ようやく混乱しなくなった。

下は21日の朝刊。

セーターが要る寒さ

ホームに上がる

車窓から牛ノ浜駅の手前で写す。鳥居のある岩は、「うっぜ」? 波が高い

出水駅前。空気が澄んで整っていて気持ちよい

歩いて30分足らずと案内所で教えてもらう

頭に地図を乗せて、日差しが強すぎる、暑い😵

米ノ津川。熊本県まであと二駅の近さ

竹添邸、税所邸の矢印に沿って右折する。税所は「さいしょ」と読む

税所邸。まずは麓歴史館を見たい、のでとりあえず通り過ぎる

竹添邸。通り過ぎるといってもついつい立ち止まって眺めいって、、、溜息

出水小学校、たぶん

出水小学校。校門は400年以上前の御仮屋門

護国神社

栴檀の木

田の神様も展示してある

栴檀の木の下にはシラスで作った像

像の反対側から撮る

歴史館のあと、竹添邸、税所邸へ向かう

写真が多すぎる・・・けど・・・