母とともに(鹿児島)

川内駅前の大伴家持像

今回持ってきた文庫本は一冊のみ。白川静『後期万葉論』、2,3回は読んだがまだまだ、ふ〜んと頷くほど身に入っていない。

しかし白川静先生の本は声を聞きながら読んでいる気がするし、誠実な熱が伝わる。

川内駅前の大伴家持像。薩摩守(764年〜)だったのは47,8歳。この時にはすでに歌は詠んでいない(歌っても残していない?)ことになる。

「七八五年八月薨去、六十八歳であった。最終歌は四十二歳の時であるから、なお二十数年[…]それにもかかわらず、家持がその後一首の歌をも残さなかったのは、どうしてであろう」(『後期万葉論』330、331頁)

そのことを考えるとこの像には薩摩川内市の愛情が感じられない、というよりもかわいそうになってくる。

それでもこの像を見ると撮りたくなる

これでもあちこち角度を変えて、出来るだけ周りの余計なのもが邪魔にならぬようにした、、、つもり。もう少しいい「場」に立っていてほしい

おれんじ鉄道の車中より。風が強い。屋久島の大雨のことは家に帰り着いてから知った

降りたらちょうどこの車両が停車中だった

映画の影響? 木が切られ、草が刈られて川が見え、海が見える

庭で写す。色が珍しい?

庭の紫陽花、めずらしく色がいい

後ろはカラー