母とともに(鹿児島)

近くの薩摩街道

長迫、牛ノ浜から来る人たちの通学路だった。おれんじ鉄道のガードの手前、この道はトンネルに入る道(もちろん昔)。

祖父の家に峠を通らずにトンネルをよく通り抜けた、楽々の近道だった。

峠の頂上のちょっと手前で実家あたりの橋方面。電車が通ってくれた

右に行って祖父の家も見たいけど、左に曲がり墓の横から学校脇に下りたい。作業員の方が高い木を切っていた

移してもう今はないが祖父母の墓があったところ

墓から兎田に出る道、ここは行かず街道を下りる

そろそろ海が見えるはず

緋寒桜?おわりだけど山を背景にしていい眺め

海はどこ?

あちこちで今咲いている野いちご

大川の海が見える、川内方面の海を見渡せるところはうっかり?過ぎてしまったらしい

祖母の末の妹、〈スエばあ〉の家があったところはこの辺りだった・・・きょろきょろ歩いていると、・・・工房がある。

男の人がいる。何を作っているのか聞いてみる。陶器です。やっぱり、〇〇さんでは?「じゃっど!」親戚だ。スエばあの孫にあたる。

陶器を買った。石のテーブルにあるのがそれ。贅沢な、豊かな庭。マキオでこういう石を売っているのだそうな。庭から海が見える。

庭にあった〇〇〇〇、名は忘れた。初めて聞くものだった。

旧道の梅、二週間前はまだまだ蕾だった

ここを撮るのは何回目?通るたびに撮りたくなる道

坂を上がれば踏切。自転車の時はブレーキをかけずにフルスピードで下る、これがたまらん!

イノシシの罠だと聞いた。芋を置いてある。県の許可ナンバーも書いてある

鳴り始めて棒が動く、電車を待つ

なんだまた〈くまモン〉か、と思う勿れ!

Aマートでいちばんいいお茶(出水産)を買ってきた。ゆっくりお茶で至福のひととき