中江博子の〈おばあさんラップ〉

中江博子の<おばあさんラップ> ( 1 )

好日東京支社の歌友、中江博子。何年か前に〈中江博子の手づくり封筒〉で封筒の写真を紹介した。なんともう一つ、ビッグサプライズ!〈おばあさんラップ〉。

大変な状況を笑い飛ばします。彼女の快諾を得て少しずつアップさせていただきます

中江博子の〈おばあさんラップ〉始まりはじまり〜!

おばあさんラップ


毛糸の帽子に着ぶくれて
色物ダウンにローヒール
耳に補聴器付けている
少し安いと隣の街へ手押し車でお買い物
どこから見てもおばあさん

今日はちょっぴりモードを変えて
お友達との待ち合わせ
黒のダウンはモリハナエ
靴は無理して中ヒール
ドレスはマリ子のコレクション
指に五万円の付け爪付けて
耳にぶらぶらイヤリング
極めたつもりで電車に乗れば
シルバーシートを譲られる
どんなにしてもおばあさん

混んだ電車のシルバーシート
肥った若者座ってる
ヨーお若いのお立ちなさい
そしたら少しは痩せるだろう
心の中で叫んでる
目で物言えど知らんふり
おばあさん根性丸出しだ
一寸はなれて外を見る   イエイ

道で出会った営業マン
こんな私をほめている
ほめる技術は神ってる
毛糸の帽子はとってもおしゃれ
口が裂けても本音は言わぬ
立派な立派な営業マン    イエイ

老人の四人に一人が認知症
私の夫もその一人
けれども彼は健康で
僕に老人性疾患はないという
老人性認知症ということ忘れてる
服の着方も忘れてる
幸せダヨー
めでたいヨー    イエイ

ふっと湧き出たおばあさんラップ
ふらつきながら考えたヨー
明るい明日が見えてくる
おばあさんラップで始まるヨー