変化するにちにち

❗️羽生結弦、列を抜け出し跳んでしまう❗️

エキシビジョンは「パリの散歩道」(待ってました!)で4回転、そしてフィナーレで全員が出ているなか突如、列を抜け出し、滑り出し、2回跳んでしまった。あまりの嬉しさに跳んでしまった。これぞ「ヒト」として見たいもの!  彼の、「他」を感受する精度の高さ、すごい感性の持ち主なのだ。

閻涵とぶつかってその後も困難つづき、ようやくここまで来たという喜び綯い交ぜが跳ばせたのだ。踊る(滑る)喜び。嬉しさの身体表現はヒトの「根源的な欲求」なのだ。そんな滑りだった。