歌う(合唱/レッスン)

歌う身体は<起き上り小法師>?

臍下ではあってもわが丹田は今、仙骨にぴったりくっついているような感覚。そこの錘のようなものがうまく足裏につながっているとき、、、

あ!達磨→起き上がり小法師→バカラ。そうだバカラにビールを注ごう。結婚式の引き出物があったはず。

縁起担ぎ(?)、この感覚を忘れぬように。それともう一つ、〈あんな時もあった〉と振り返って後々の笑い種になってほしい。

何ヶ月も前から、仙骨の内側に何かがある感じはあったけど、なかなか言葉が現れてくれなかった。言葉があると身体も持っていきやすい。

必死になるよりも、横道に逸れて、少し余裕を持って面白がったほうが身体にもいい。

舞台の前の数週間は濃密な時間。大きく変化する(と願う)。

・・・・・

早稲田へ抜ける広場にある沈丁花。濁った脳が洗われる。一声かけて通り過ぎていった人あり、「あーいい匂い、ジンチョウゲね!」と。〈ホントいい匂い〉。