母とともに(鹿児島)

現代版参勤交代ひとまずオワリ

養老孟司流「現代版参勤交代」は、2014年春から2020年春まで丸々6年続いた。

90歳の時に入院、「車椅子になります、もう歩けません」との医師の断言ニモマケズ、母みずから独居生活を選び、数ヶ月後には杖なしで歩けるようになって96歳まで頑張った。

程よい認知症を得て、居心地悪かった実家が気持ちのいいところに変わり、何十年も抱え込んでいた母への怒りの感情は和らいだ。

どうせなら介護帰省を楽しもうと壽官陶苑をはじめ、鹿児島市内、薩摩川内市などを歩き回って、身体も精神も大いに緩み、より開放的になった。

母がプレゼントしてくれた黄金の6年間❣️

・・・・・

鳶、ゆっくり飛んでくれればいいのに。。。

3号線の高松橋から。眺めはイマイチだけど、この橋を何度も往復した。