母とともに(鹿児島)

出水市高尾野,もみじ温泉へ

ストレスMAX。予定を早め31日に帰ろうかどうしようかと揺れる。

温泉に行っど!

西方からバスに乗って行く高城温泉よりも、高尾野駅から歩けるもみじ温泉に決まり。

大通りには出ないで、高尾野駅前を左に行って田んぼを眺めながら。ここの風景は変わらない。

土手に青々とあるのは草ではない、彼岸花の緑葉だ。見るからに生命力を感じる。

名は覚えていないけど、小さい頃からあった。このイガイガが服に着くとなかなか取れない。

実はもうひとつお目当があった。温泉の向かい側に手打ちそば、十割蕎麦の店があるのだ。

ざるそば、もちろん大盛り(ほとんどいつも大盛り)を頼む。かき揚げ、みかん1個のおまけ付き。蕎麦はここで働く女性たちが打っている。若くはない、どちらかというと高齢?

最後の最後に「炊きたてです」と小皿にご飯とお手製の生姜の佃煮をサービスしてくださった。

3、4回はここに来ているが、がかならず毎回こういう感じで温かい。蕎麦湯もひと味ふた味違う。

帰りに気づいた。まだ花が残っていた。ひこばえも懐かしい。

温泉でココロの変化も期待したが、、、思った以上に変わらず。。。