母とともに(鹿児島)

こっちのみーずはあーまいぞ!

!!!ホタル・ほたる・蛍!!!

家ん前ん川ん上をわざいがぎしと、とんどった(ものすごくいっぱい飛んでいた)。お寺に行った日、8時頃から従姉妹たちが来て一緒に見た。

弱い視力でも川に沿ってずっと点滅しているのが十分に見える。星空ははっきり見たことはないが、星空の地上版だ。

30分くらい川のすぐ近くで眺める。亡くなった人たちの話もしながら。大人になって、闇100%の中で見る蛍がこんなに神秘的とは思わなかった。

キーキー猿の声がする。大きな声で話すわたしたち3人に、猿が威嚇しているのだろうか。間を置いて何度も何度も、猿も頑張って叫ぶ。

川は家の前。だけど、夜の闇は皮膚がビリビリ、からだが痺れる怖さがあって外に出るのはもちろん、窓を開けて見る勇気も無し。

いとこたちが来てくれてよかった。ゾクゾクというより、風が撫でるように皮膚が騒つく。

目の錯覚だと思うけど遠くや、すぐ横をすーっと横切ったように見える、感じるの両方ある。30分は持ちこたえた。